12月20日の胸騒ぎ

ひろみにヒョクにジョンフンにユノ・・ケサンくんもレウォンくんも・・みんなに胸騒ぎ

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから10年、あれから半年

2011'09.11 (Sun)

2011年9月11日

2001年9月11日からちょうど10年
新学期が始まったばかりのニューヨークは抜けるような青空
とても気持ちの良い火曜日の朝を迎えていました。
当時は現場から一時間くらいの郊外に住んでいました。
でも夫の勤め先も子供たちの学校も郊外、
家にいてテレビを見ている限りでは、
映し出される映像は正直映画のワンシーンにしか見えなくて、
現実のこととはなかなか考えられなかった。
夜、子供たちのクラスの集まりで学校に出かけるまではね。
あの日を境に
雷が落ちて停電しても”テロ?”って思うようになってしまったし、
抜けるような青空の日には落ち着かなくなってしまった。

今日は10周年ということで、何かあるのでは・・・と思うと心配。
ユノとチャンミンも行ってるニューヨーク
何事もなく穏やかに今日が過ぎていきますように。
そして、人間の欲望と権力争いでもう理不尽に命を経たれる人が出ませんように。




そして、今日は3月11日から半年
あの日の当地は、春先の穏やかな金曜日
気持ちがいい午後だったので、
普段は行かないお店まで海沿いドライブして出かけたのでした。
帰ってきたのは2時40分くらいだったのかな?
我が家は海から800メートル
大津波警報が出ました。
でも、家は揺れ続けるし、停電してるからテレビも見られないし、
東北で何が起こっているのかよくわからずに
リビングのテーブルの下で携帯を握りしめて
ただただ”早く揺れなくなって・・・”と祈り続けていました。
その昔、関東大震災のときにも大きな被害が出なかったらしい、ときいていたし、
”ここは大丈夫”って何の根拠もなく思い込んでた。
でも、最近知りました。
この辺、関東大震災のときには一面の田んぼで人が住んでなかった。
だから、被害があまりなかったのだ、と。

この次・・・ないことを祈るけれど、
この次はテーブルの下にもぐってないで山に向かわなきゃね。

暑い夏を乗り越えて、またもう少ししたら厳しい冬がやってくる。
東北のため、日本のために私が何ができるか。
何をしなくちゃいけないか。

今日はそんなことを考えてみよう。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

☆qoochan☆

Author:☆qoochan☆
天才は努力する人には勝てない
努力する人も楽しむ人には勝てない

私も辛いことでも楽しんでクリアしていけるようになりたいな

常に前向きな大好きなナムジャたちに負けないよう頑張るぞ!!
カモ~~~ン!!

forever love 東方神起

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。