12月20日の胸騒ぎ

ひろみにヒョクにジョンフンにユノ・・ケサンくんもレウォンくんも・・みんなに胸騒ぎ

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KpopStarzから

2012'04.18 (Wed)

KpopStarzに、こんな記事がでていました。



エイベックス・マネジメント株式会社の執行役員である伊東宏晃氏が、東方神起の東京ドーム公演に参加し、「3時間のエンタテインメントはそれくらい愛に溢れ完璧でした」「日本は本気で考えるべきだね、世界基準のエンタテインメントを」などと感想を語った。

16日に行われた東方神起の東京ドーム公演最終日に参加したという伊藤氏は、自身のツイッターで「本日、東京ドームでの彼らの公演を久しぶりに観てきました、適切な言葉が見つからないのです、なぜなら彼らのやっている事は凄まじく観た人はその素晴らしさを観終わった後に想い返してはまた更に実感するでしょう、3時間のエンタテインメントはそれくらい愛に溢れ完璧でした」と感想を語った。

また、韓国人アーティストである東方神起が日本でこれほど大きな人気を獲得してライブを行っていることについて


「外国の言葉で歌い、語り、笑い、その国の文化を知り、その国のファンを愛し、妥協なきパフォーマンスを披露」していると評価。「彼らはやはり凄いよ、彼らも、彼らを支えるスタッフも、その文化を広める国の姿勢もすべて自分達だけの利益じゃなく世界を見てる

って事だ、日本は本気で考えるべきだね、世界基準のエンタテインメントを」などと語った。



改めて思ってしまいました。ユノとチャンミンは外国人なんですよね。
でも、たしかユノが言ってたよね”日本にいると外国にいるって思わない”って。
そんな風に思ってくれて、彼等からみたら外国人である私たちにあんなに一生懸命なステージ、
目の前にいるファンすべてが楽しめる最高のステージを見せてくれる。
あんなに愛にあふれたステージを作れるのは、”世界を見てる”戦略からだけじゃなく、
まわりの人みんなをとりこにできる二人の努力と人柄のおかげでもあるんでしょうね。

そんな二人を見られる私たちはシアワセです。

自分の国じゃないところで生活・活動するってことはとても大変なことです。
10年以上住んだって溶け込んだ、って思えないもの。
その国の言葉をちゃんとニュアンスまで理解して話すことって難しい。
今までも、日本に来て日本の文化をきちんと理解し、流暢な日本語を話す人を尊敬してきました。
デーブさんとかケント・フリックさんとかね。
ユノとチャンミンはさらに別次元にいるみたいな感じがします。

だって、ユノとチャンミン見てるときは二人が”外国人”であることは全く忘れています。
ステージ見てるときは、同じ空間にいる”人間同士”
そう思わせてくれるくらいに成長した二人。
見習わなきゃならないところがたくさんたくさんあるね。
そう思わせてくれる二人に出会えたこと

本当にうれしい。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

☆qoochan☆

Author:☆qoochan☆
天才は努力する人には勝てない
努力する人も楽しむ人には勝てない

私も辛いことでも楽しんでクリアしていけるようになりたいな

常に前向きな大好きなナムジャたちに負けないよう頑張るぞ!!
カモ~~~ン!!

forever love 東方神起

FC2カウンター

電力使用状況&電気予報

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。